はりのラブライブ!メモ

ラブライブ!への『大好き』を叫ぶブログです

『雨が止むやつ』 ~第103期11月度Fes×LIVEのこと~

 

 『雨を止ませる曲』

 

 そんなものがあるでしょうか。

 そしてそれを信じられるでしょうか。

 

 

 

 みなさんこんばんは、はりです。

 

 今回はタイトルの通り、11月29日に開催された『蓮ノ空女学院スクールアイドルクラブ第103期11月度Fes×LIVE』のことについて、書き遺しておきます。

 私はその日奇跡のような、素晴らしい体験をしました。ラブライブ!シリーズを追いかけて丸10年。その中でも本当に嘘のような大切なものになったので、そんな運命を、ここに証として日記として記しておきたいと思います。

 

 

 まず初めに私は毎月のFes×LIVEの時は金沢に足を運んで、蓮ノ空を追いかけている友人と一緒に現地でFes×LIVEを視聴しています。7月度Fes×LIVEは金沢駅前の鼓門で、8月度Fes×LIVEは徳光海岸のオブジェ前で、音楽堂開催の場合は卯辰山公園見晴台*1で毎回のFes×LIVEに参加してきました。11月度Fes×LIVEは金沢城公園特設ステージということで、当然金沢城公園に行きましたが、残念ながらFes×LIVE開演時間の20:00には閉園しているため、中で見ることは叶いませんでした。

 

 ということで、今回は石川門口正面から視聴しました。

 

 

 さて、そんな今回のライブで披露された『ツバサ・ラ・リベルテ』という曲は、蓮ノ空女学院の101期生である元スクールアイドルクラブの部員、そして現生徒会長である大賀美沙知から贈られたものでした。

 沙知が作曲したその曲は『雨が止むやつ』と、彼女は言います。

 大好きな大切な後輩のために過去に作曲していながらも、ずっと渡せなかったその曲は、オープンキャンパスを機に1年の時を経てついに綴理の手に渡されました。6人となった蓮ノ空女学院スクールアイドルクラブはそんな大切な曲を11月度Fes×LIVEで歌い上げました。

 

 

 ここからが本題の『奇跡のような、信じられない体験』の話。

 この日の金沢は朝から終日雨という天気予報でした。流石に大雨が降りしきる中であれば外で視聴というのも難しいため、一瞬金沢フォーラスでの応援上映に行くという選択肢も過りました。ましてやこの時期の北陸は既にかなり寒いため、雨の中で1時間弱もの間LIVEを見るというのはかなり厳しくはあるものです。

 それでも夕方には幸運にも雨が止んだ。これももしかしたら沙知先輩が止ませてくれたのかなと、そう感じるほどのものでしたから、私たちは急いで、金沢城公園に向かいました。

 そんな中始まったFes×LIVEではOn your markから始まり、衣装アンケートの後、KNOT、ド!ド!ド!、Holiday∞Holidayと各ユニットが歌ったわけですが、今回はこれらについては割愛します。

 

 この後の幕間でのReMIXパートが始まった時、金沢にはぽつぽつと雨が落ち始めます。「やっぱり雨降ってきたな、ギリギリ持たなかったかな」とは思いましたが、活動記録13話、オープンキャンパスの時に蓮ノ空の6人が雨の中でも歌ったことを思い出し、それすらもリンクしたようで少し嬉しくなりました。

 しかし、時を同じくしてFes×LIVEの映像の中でも満天の星空に雲がかかり始め、雨が降り始めたんです。すぐに活動記録を絡めたFes×LIVE内の演出だと気付きましたが、金沢城公園前にいた私は、そこまでもリンクさせたのだと一瞬感じました。

(見辛いですが雨が降っています)

 ヴァーチャルの世界に現実が『追いついた』とでも言いましょうか、そんな中でついにその曲は歌われます。自由への翼を意味する曲、『ツバサ・ラ・リベルテが。

※このポストの意図は当時誰も周りにいなかったからこそこの奇跡が、運命が誰かに伝わるとは本気で思えなかったんです。決して本当に『伝わらなくて良い』とは思っていません。それに想像以上に多くの方から反応を頂いて、本当に嬉しい気持ちです。

 

 きっとオープンキャンパスで見ていた中学生と同じように、そのパフォーマンスに、雨を忘れて魅入ります。色々な蟠りが解け、鎖が外れ、自由になった夕霧綴理を中心とした6人は妖艶な衣装、ダンスを見せてくれました。

 

 

 『雨を止ませる』曲は、Cメロになると雨が止みます。

(『”大丈夫。”君となら きっと!」のところで雨が止みます)

 7人のスクールアイドルの想いが雨を止ませ、7色の虹をかけたのです。その曲が持つ力と想いは確かに自由への翼を得て、天に昇っていき、正しくそれを『晴れ』させたのだとFes×LIVEを見て感じました。

 そしてその曲はついに、現実の世界をも変えてしまった。いや、真なる意味で現実の世界と『リンク』した。曲冒頭では金沢城公園前で見ていた私たちも強い雨の中見ていたのがなんと、曲が終わる頃には雨が止んでいた

 

 そんなことがあろうかと。『雨を止ませるやつ』、私はその沙知先輩の言葉は当然のように、その『表現』だと思っていました。本当に雨を止ませる曲なんてあるわけがないんですよ。歌で天候を変えてしまうなんてことは、あり得ないじゃないかと。

 いまから9年前、µ'sというグループの高坂穂乃果が、『雨止めー!』と叫んで雨を止ませたシーンを見ました。当然作中表現でありそんなことは現実的にはあり得ませんし、今回のも状況は近いんです。それでも7人の想いは金沢の天気をも変えてしまったんです。

 

 地面を叩く音も、私たちがさす傘を叩く音も、気付けばしなくなっていた。

雫が鳴っている
それは絶えず地面を叩いた

「ツバサ・ラ・リベルテ」より



 たった5分間、そのタイミングだけ雨が降っていたという事実、これを読んでいる貴方は信じられますか?もしかすると信じ難いかもしれません。

 それでも、私が体験した『それ』は『運命』であり『奇跡』なのだと思います。

奇跡か偶然か どう呼ぶかは
僕ら次第だね

「ツバサ・ラ・リベルテ」より

 きっと曲開始直前に雨が降り始め、曲が終わるタイミングで雨が止んだことは偶然に起きた事象ではなく必然に起こった奇跡なのだと、本気で感動しました。

 

 

 私は想いをもつことも、それを信じることも大好きです。何も目には見えないけれど確かにそれは力を持っていて、どこかでその想いは形になって目に見えるようになる。本気の想いはどこかで実を結んで何かを成し遂げるかもしれない。それを今回身を以て体験したことは何よりもの宝ものになりました。

寄り添い合い起こす奇跡
嘘じゃない

「Legato」より

 

 あの時あの瞬間あの場所にいたのはきっと私と、一緒にいた友人の2人だけ。でも蓮ノ空のスクールアイドル7人が起こした『奇跡』は、確かに刻んだ『軌跡』として残していきたい。私たちと同じ空の下で生きる彼女達の『キセキ』を大切に残していきたい。多くの人に知っていて欲しい。そんな想いで今回ここに記録を遺しました。

 

 ここまでお読み頂いた方、ありがとうございました。

 

 

*1:キービジュアルの場所